住所変更と一緒に郵便物の転送サービスを利用しよう

住所変更と一緒に郵便物の転送サービスを利用しよう

同棲をする為の引っ越しの準備でしておいた方が良い事って色々ありますよね。
インターネット回線の移転手続きや各種機関への住所変更の手続き、荷物の整理等で慌ただしい時期でもありますが、生活の為の大事な手続きです。

 

でも住所変更の手続きを各種機関にしていても、つい網羅できない部分は出てきてしまったりするものです。
そんな時に便利なのが“郵便物の転送サービス”です。
これはこれまでいた住所宛てに届いた郵便物を無料で新しい移転先へ転送してくれるというサービスです。
このサービスは原則1年のサービスですが、更新手続きをとれば1年後も移転先へ転送してくれます。

 

転送サービスの利点

郵便物の転送サービスを受ける利点は、引っ越しを連絡し忘れていた所からの郵便物などが送られていた時に大変助かります。中には重要な郵便物がある場合もありますし、それが届かないというような事も郵便物の転送サービスを利用すれば防ぐ事ができるのです。
ずっと連絡をとっていなかった人からの手紙等もこのサービスを利用すればたとえ引っ越したとしても新しい住所に届けられるので安心です。

 

 

すでに各種機関に住所変更の手続きをしていたとしても、念のためこのサービスを利用しておけば手違いで届かなかったという事も防げるので、引っ越しが決まったらこのサービスを利用する事をオススメします。

 

このサービスを受けるには近くの郵便局の窓口に転居届を出す必要があります。更新したい場合は再度近くの郵便局で同じように転居届を出せば良いのです。

 

 

郵便窓口の転送サービスを利用する

郵便窓口で転送サービスの申請をする時には、運転免許証や健康保険証等の本人確認書類と旧住所の確認が取れるものが必要です
それを持って窓口に行き、転居届を出せば手続きは完了です。

 

郵便局が近くにない人や郵便局の窓口が開いている時間内に行く時間がとれないという人は、転居届用紙があるのでそれに必要事項を記入して郵送する方法や、最近はインターネットやスマートフォンからも転居届を申し込むことができるようになったので、そちらを利用するのも良いでしょう
引っ越しをすると色々と手続きをしなければいけない事があるので大変ですよね。
何をしなければいけないのかというのは引っ越しの時期が迫ってくると忙しくて忘れてしまいがちです。

 

 

おわりに

引越し作業だけに集中できるようにするために手続きは早めにすることをオススメします。
やっておいた方が良い事をリストに書き出してやるべき事を把握し、引越しが忙しくなる前に各種手続きをとるようにしておきましょう。

関連記事一覧