同棲中の部屋に両親を招待する時の注意点

同棲中の部屋に両親を招待する時の注意点

両親の了承を得て同棲をはじめる事になったとしたら、引っ越しをしてある程度落ち着いてきたら自分達の両親を同棲するお部屋に招待するというのも素敵だと思います

 

新婚と違って同棲となると両親を招待するのってどうなのかなぁと思ってしまう方も多いかもしれませんが、やはり両親からしてみたら自分の娘や息子から自分達の住むお部屋に招待されたら嬉しいはずです。
露骨に見えても同棲をするお部屋に招待をする時は、ベッドに枕が二つ並んでいるなどてしまうような面はあまり見せないようにした方が良いでしょう。
「それはそうだろうけど、でも見たくない」というのが親心というものです。

 

 

女性の両親と手料理を作って食べよう

女性側の両親をお部屋に招待する時には、ご飯を一緒に食べるのも楽しいと思います。
娘の作った手料理で久々に親子で食卓を囲むのは両親からしたら嬉しいはずです

 

それに同棲をはじめてちゃんとした物を食べているのかという心配も解消してあげられる良い機会にもなります。
男性側からしてみたら彼女の御両親と食卓を囲む事は緊張するかもしれませんが、仲を近づけられる良い機会でもあります

 

 

男性の両親とは外食がおススメ

男性側の両親をお部屋に招待する時は、逆にご飯は外に食べに行った方が良いでしょう

女性からしてみたら男性の両親に自分の手料理を出す…というのは相当緊張するものなのです。
味付けや盛り付けなど、結婚していたって自分の手料理を出すのは緊張しますよね。
男性は「適当で良いよ」って言ってもそうはいかないものなのです。

 

それに女性としては自分の両親をお部屋に招待する時はそこまで神経を使わなくても良いのですが、男性の両親がとなるとお部屋のすみずみまで綺麗にしておかなくちゃ!って思ったりと、数日前から神経を使ってしまうんですよね
ですから、そういう面でのストレスや後の二人のトラブルになる事を避けるためにも、最初から男性側の両親が来た場合は外食と決めてしまった方が良いと思います

 

もちろん女性側の両親が来た時にも外食に行くのは良いと思うので、同棲をはじめたお部屋の近所で美味しいごはんが食べられるお店をリサーチしておく事をオススメします。

 

 

おわりに

両親をお部屋に招く時は、とにかく親にとってあまり娘・息子の「そういう部分は知りたくない」という部分は見せないように配慮する事がポイントです
それからたとえ二人が共働きだったとしても、やはりお部屋を綺麗にしているか、家事をちゃんとしていそうかという点を見られるのは女性側なんですよね。
ですから、そういう面で女性には負担がかかっているという事を考慮して、招待する前にはお部屋の掃除等を協力的に行うなど女性側の立場を理解してあげる事がポイントです

関連記事一覧