同棲にベストな物件探しに役立つ3つのポイント

同棲にベストな物件探しに役立つ3つのポイント

二人で生活するのはとても楽しみなものですよね!
物件探しも二人の大事な愛の巣になる訳ですからワクワクするものだと思います。

 

でもこの物件探し、なかなか簡単にはいかないですよね。
予算と相談すると全然気に入った物件が見つからなかったり…。
一般的にお部屋を探す時に重要視するのは部屋の広さと、駅の近さ、物件が新しいかどうかという点だと思います
でも部屋の広さ、駅の近さ、物件の新しさを求めると予算はぐぐっと上がってしまいます。
予算を考慮したら駅からは近いけれど、とても部屋は狭く、物件も古い…ところを紹介されたって良くありますよね。

 

でも少し視点を変えてみたら希望の物件に近づけるかもしれない場合もあるんです
ちょっとの変更で自分達の希望に近い物件が見つかったりするので、今回は物件を探す時に知っておくと便利な3つのポイントをご紹介したいと思います。

 

 

駅からの近さは、ほどほどに

まず1つ目のポイントとして、駅から近いのを求めている人でも駅から11分~15分までの物件というのも視野に入れるのが良いでしょう。
駅から近い物件はどうしても人気の物件になり家賃も高め、競争率も高めになります。
でも11分以上の物件になると徒歩10分とそんなに変わらないのに一気に検索率が減ったりして競争率が下がる分、家賃も下がる傾向にあるみたいです。
駅から11分となると、駅前よりも場所が取りやすいのでお部屋がその分大きくなって、家賃が安いという物件も結構あるのです。

 

古い印象に騙されないようにしよう

2つ目のポイントは築10年以上の物件。新築を希望する人は多いかもしれませんが、新築はその分やはり高くなってしまうものです。
築10年以上となると古い印象になるかもしれませんが意外とそんな事はないのです。
築10年以上の物件だと、前の人の退去後に壁紙を変えた色々とメンテナンスをしてくれたりする事が多く、ここが気になりますと事前に伝えれば対処してもらいやすいので、思っていたよりもきれいなお部屋に住めたりするのです。
家賃の面で考えると築10年以上のマンションはねらい目と言えます。

 

和室も悪くないものです

3つ目のポイントは、全部屋フローリングにこだわらないようにしてみるというもの。

和室の部屋=古いというイメージがあり、最初から検索すらしないという人も多いと思います。
でも和室の部屋がある物件でも新しい物件があったりするんですよ

 

特に2LDKの物件を探している時には和室もOKにしてみると、一部屋和室でもう一部屋がフローリングという物件が引っかかって家賃も借り手が少ない分少しお手頃だったりするのです。

 

今は和モダンが流行っているので工夫次第で和室で素敵な落ち着いた空間も作る事が出来るんです。
和室の畳が嫌なら絨毯を敷いたり、畳数別にフローリングのシートも売っているのでそれで自分達でお部屋をアレンジしても良いと思います

 

 

おわりに

いかがでしたか?自分達の希望を通そうとすると人気物件である事が多いものです。
でもちょっと他の人が避けがちなポイントを取り入れてみる事で、物件探しの幅も広がるんですよね。
今回ご紹介した3つのポイントを参考にして、2人にとって素晴らしい同棲生活になるような物件に巡り合えると良いですね!

関連記事一覧