同棲前は御両親へ挨拶するのが礼儀

同棲前は御両親へ挨拶するのが礼儀

同棲をする事になったら、相手の実家の御両親へきちんと挨拶に行った方が良いのかなというのは迷う点ではないしょうか。

 

女性のご両親には必ず挨拶!

男性側、女性側共にどちらの御両親にも挨拶に行った方が良くはありますが、一般的に男性の御両親に挨拶に行くというのは同棲の段階ではそんなに多いケースではないようです。
なぜなら男性の場合、御両親は割と男性のペースに任せていたり、もう大人なのだからと干渉をしてくる事はそんなに多くはないからです。
でも女性の場合は事情が違います。
手塩にかけた娘が同棲をするという事は、御両親にとっては一大事です

 

自分の娘が男性と一緒に暮らすと言い出したら、どんな男性と一緒に暮らそうとしているのか、ちゃんとした男性なのか、同棲だけでもて遊ぶ気ではないのか、きちんと結婚する意志はあるのかなど、娘の将来の為にも明確にしておく必要があります。
ですから同棲をする際には女性の御両親にはきちんと挨拶をするべきですし、実際に同棲をする際にはきちんと女性の御両親に挨拶に行くケースは多い傾向にあるようです

 

彼女を大切にすることを明言しよう

では、女性の御両親に挨拶に行く時にはどのような心得で行ったら良いのでしょうか?
先に述べたように、女性の御両親は娘がどんな男性と暮らし、その男性が本当に娘を大事にしてくれるのかが最大の心配事な訳です。
そして娘を持つ親なら、なぜ結婚ではなく同棲をするのか疑問に思うはずです
その心配や疑問を払拭できる答えをしっかりと持って挨拶に行く事が大切です

 

 

今はカップルが一緒にいる形は様々です。でも同棲をするという事はずっと一緒にいたいからする訳ですよね。
やはり同棲を始めたら将来結婚をする事が前提であるべきで、もしその覚悟がない場合の同棲だった場合、一般的な親としては賛成してもらえる可能性はかなり低くなります。

 

ですから同棲という形を取る以上、相手と人生を共にしていくという選択をした訳ですから、これからずっと一緒にいるつもりである事、同棲した以上は幸せにしていくという意思を持って御両親に挨拶に行き、ちゃんとその意思を御両親に伝えるべきです

 

おわりに

男性と女性は平等ですが、やはり同棲をするにあたっては女性の方がリスクが大きいのは事実です。
出産にはリミットもありますし、そういう事も踏まえてズルズルと同棲生活をしていかず、きちんとけじめをつける時にはつける、同棲をすると決めたなら誠意ある態度で女性も女性の御両親も安心させてあげられるような強い意思を持って挨拶に行く事が、御両親に挨拶に行く前の心得としてとても大切なのではないでしょうか。

関連記事一覧