両親も悩む娘の同棲問題

両親も悩む娘の同棲問題

ある日自分の娘から「好きな人がいるからその人と同棲をしようと思っている」と言われた時に、「はい、そうですか」と言ってすぐに同棲する事を賛成する親は皆無に近いと思います。

 

息子の場合だったら「男の子だから本人に任せている」というスタンスの家庭は多く、同棲するとなってもそんなにうるさく言う親はそこまでいないと思いますが、娘の場合はそうはいきません。

 

同棲をするぐらいならなぜ結婚をしないのかという疑問は、娘を持つ親なら思うのは自然な事です。
でも娘の立場からすると同棲の話をしているのに結婚の話を出される事にわずらわしさすら感じてしまうものなのですよね

 

 

娘以上に親は不安に感じるもの

親としては娘を本当に大切にしてくれる気があるという証を示して欲しいものです
その証が「同棲」という形というのは親としては不安になるもの。

 

結婚と違い、法的にも社会的にも同棲という保証のない関係性が娘を不幸にしてしまうのではないか、一緒に暮らす男性は本当に将来娘と結婚をする気があるのかどうか、娘にとって同棲という形は本当に幸せに通じている道なのかどうか、そういう事をとても心配に思うものなのではないでしょうか。

 

親は娘が傷ついて泣いてしまうような事には絶対になって欲しくないのです

 

同棲をする時には親のその気持ちをちゃんと汲み取り、早めに安心をさせてあげるようにした方が良いと思います。
いつまでも同棲という関係を続けていく事は、きっと女性はそのうち不安に感じてくるはずです。その時に自分の親が心配してくれていた意味がわかるものです。

 

 

わずらわしくても全員で話し合う

親はやはり人生の先輩です
娘にオープンに恋愛の話をしないおうちの親でも、恋愛においての男性と女性との違いを経験してきて知っているのです。
その上で同棲をする事の女性側のリスクを考え、娘に慎重になるべきだと言ってくれてるんですよね
その助言は無視をせず、自分でも考えてみて答えを出すようにしましょう。

 

 

親からの干渉も必要?

同棲後、親から「早く結婚しなさい」と言われ続けて、もう何回も言われてうるさいから結婚しちゃった!というカップルも多いと聞きます。

 

親が干渉しすぎるのはいけませんが、でも娘を持つ親であれば、同棲をするとなった時には男性側にある程度「早くちゃんとしないとマズイな」と思わせるような態度を取る事もこういう例を聞くと必要なのかもしれないなと思いますよね。
確かに、うるさく干渉しない親だとそれに甘えて次のステップへなかなか踏み出そうとしない男性も中にはいるものです。親からの干渉はほどほどにしてもらって、相手が結婚を考えるようにしてもらうのも、結婚への一つの手段だと思います。

 

おわりに

娘に早く安定した環境で安心して幸せに暮らしてもらいたい。
同棲中の娘を持った親の気持ちというのはそういうものなのだと思います。
そのような心配をしてもらえるのも、親があなたのことを愛してくれているという証拠。
親の気持ちってありがたいですよね

 

 

関連記事一覧