移住契約違反になる同棲・半同棲がバレるきっかけ

移住契約違反になる同棲・半同棲がバレるきっかけ

マンションの中には居住契約をしている人以外が、同棲をしたり半同棲をすることを違反としている所もあります。一人暮らしのマンションで同居可となっていない物件以外は、ほとんど二人で住むのを契約違反としている所が多い傾向にあります。

 

 

曖昧な感覚で半同棲になるパターン

半同棲生活がはじまると、どちらかの家にどっぷり居てしまうというパターンになりがちなのですが、マンションが契約条件によってはそれが違反になるだなんていう意識を持ってる人って意外と少ないんですよね

 

半同棲の場合、基本となる家はある訳ですから、どちらかというと泊まりに行っているという感覚で過ごしている人も多いと思います。

 

大家さんとしても泊まりに来ているのか、それともそこで暮らしているのかを見分けるのは難しく、その定義も曖昧なんですよね

 

 

洗濯物でバレる半同棲生活

大家さんが住んでいるマンションとは別のところで暮らしている場合なら、半同棲をしているという状況を気づかれる事はあまりありませんが、もし大家さんが同じマンション内で暮らしている場合は、男性モノ・女性モノの洗濯物が定期的に干されている事、毎日決まった時間に出かけ、決まった時間に帰ってくるなどという所を見て、これは泊まりに来ているのではなく、そこで暮らしているなという風にわかったりするみたいです。

 

ですからもし半同棲をしている人で、そのマンションが同棲や半同棲という形をとるのを契約違反としているのなら、どちらかの家にどっぷりではなく、お互いのおうちに泊まりに行き合う方法を取るようにするのが一番ベストな方法だと思います

 

 

同棲禁止の貸家の理由

それでも片方が実家などでお互いの家を行き来するのが難しい場合もありますよね。

 

同居可物件以外の所がなぜ居住者以外が暮らすことを違反としているかというと、一人暮らし用の物件は一人暮らしを想定して作られている為、二人で暮らすと騒音が出やすく近隣住民に迷惑になってしまう事が多くなってしまうから、そして一人暮らし用の部屋に二人で暮らすと部屋の劣化がそれだけ早くなってしまうからという理由があるそうです。

 

ですからそれでも半同棲生活を続けていきたい場合は、近隣住民に迷惑が掛からないように細心の注意をはらって生活をすること、それから部屋が劣化しないようにきれいに使うように心がけるという事が大切です

 

 

おわりに

最初は泊まるだけだったのに、いつのまにか半同棲になってしまった、なんてことが多いようです。
そのため、知らないうちに違反していたことが発覚してしまうのです。

 

事前に自分と相手の住んでいるところは、同居についてどう契約しているのか調べて周囲の方に迷惑をかけないように心掛けましょう。
半同棲生活をしていく中で、自分達だけ楽しく暮らして、近隣の住民や大家さんを不快にさせたり、迷惑を掛けるようなことになってしまってはいけませんもんね!

 

関連記事一覧