何故半同棲は契約違反になるのか?大家さんの心配するトラブルとは

何故半同棲は契約違反になるのか?大家さんの心配するトラブルとは

お付き合いをしているカップルの中には頻繁にお泊まりに行ったりしていて、もう半同棲状態のカップルも多いはずです。
中には半同棲状態から同棲になっている人もいるかもしれません。
でもこの“半同棲”場合によっては契約違反になる可能性があるって知っていましたか

 

退室の可能性もある半同棲生活

半同棲とたまにお泊まりしているという認識はどこから線引きされるのかが難しいので何とも言えませんが、もしそれが半同棲と認識されてしまった場合、事態は複雑になりやすくなってしまいます。

 

無許可での同棲や半同棲状態というのは契約違反にあたる事が多く、契約時にも大概は契約書に契約者以外の人がそこに住む事を違反として書かれているものです
それにもかかわらず半同棲や同居をするという事は契約違反に当たる為、場合によっては即刻退去せざるを得ない状態になってしまう時があるのです

 

実際に大家さんに見つかって契約違反で退室となった人も結構いるみたいです。

 

部屋を借りてお金を払っているんだから別にそこに誰と一緒にいようが関係ない、という訳にはいかないものなのですよね。

 

こればかりはそこの大家さんの考えによって変わってきます。
半同棲状態を見て見ぬふりをしてくれている人もいますし、言えば良いですよと言ってくれる大家さんも多いみたいです。

 

 

トラブルを招く可能性がある半同棲生活

ではなぜ違反としているのかと言うと、大家さんとしては一人暮らしの物件に2人以上で住まわれてしまうと家の劣化が早く進んでしまい、退去時に敷金だけで補えないという懸念や騒音が出やすくなる等のトラブルを考えて違反としている訳です

 

ワンルームの物件は単身入居しか認めていられないというのはそういう理由があるからなんですね。
大家さんには大家さんの正当な理由からそういう規約を設けている訳で、それに違反をしてしまうような事になる場合には、新規の同居人申請か頻繁に人が泊まりに来る旨をきちんと伝えて、大家さんから許可をもらった方が良いかもしれません

 

 

おわりに

半同棲状態になるのは本人たちの自由ですが、やっぱり周りに迷惑をかけるような事をしてしまってはいけませんよね。
半同棲が契約違反と知らなかったのなら仕方がありませんが、知っている以上はそれなりの配慮をしなくてはいけません。

 

今後も半同棲状態を続けていきたいのであればそこに住み続ける事にこだわらず、できるだけ早くそれに適した2人以上で住める前提で作られた物件への引っ越しを検討してみるのも必要なのではないでしょうか

 

 

 

 

 

関連記事一覧