同棲生活の家を借りる連帯保証人は誰が最適?

同棲生活の家を借りる連帯保証人は誰が最適?

家を借りる時には連帯保証人というのが必要になりますよね。
連帯保証人がいないと家を借りる事は難しいですし、もし借りられたとしても連帯保証人を立てなくて済む所というのはやはり安全性に不安を感じてしまうものです。

 

身内に連帯保証人を頼みづらい時には

一人暮らしや結婚をしているカップルでも、賃貸の契約の時に誰に連帯保証人になってもらおうかというのは悩む点だと思います。
一人暮らしや結婚をしているカップルでもそうなのですから、同棲カップルの場合、余計に誰に連帯保証人になってもらうのかというのは考えてしまうと思います。

 

連帯保証人立てなければいけなくなった時に、一般的にまず考えるのはまず身内に頼もうと思う人が多いと思います
でも同棲をする年齢になってくると親世代は定年になるぐらいの年齢なので、連帯保証人になってもらうには不動産屋さんや大家さんからしてみると少し心配に感じるという事があるようです。

 

そうなると他の身内に…という事になると思いますが、賃貸を希望する住宅によっては収入をいくら得ているのかという証明書を出してもらわなくてはならなかったりするので、そうなると親以外の身内に頼むのは気が引けてしまいますよね。

 

連帯保証人を誰かにお願いをして立てるのが難しい場合には、家賃の保証会社に頼むという方法があります

 

家賃保証会社とは、賃貸契約をする時に連帯保証人が見つからない人の為に連帯保証人になってくれる会社の事です。最近では連帯保証人を立てていても、もしもの時の為に自分達でお願いした連帯保証人と、保証会社も通す事の2つを賃貸契約の条件としている不動産屋さんも多いようです。

 

保証会社を利用するには審査が必要で、審査が通った後は通常、入居時に家賃の半額と毎年もしくは毎月一定の金額を保証会社に支払う事になります

 

 

おわりに

こうやって改めて見てみると、おうちを借りるって簡単な事ではないんですよね
同棲生活をはじめるのって結婚する訳じゃないんだから何となく気軽にできるように見えますが、同棲生活をはじめるというのもそれなりに手続きを踏んでいかなければいけないんです。

 

これも2人でこれから一緒に生活をしていくと決めた以上は面倒臭がらずにしなければいけない事です。

 

でも考えようによっては、こういう面倒な手続きも2人でしていく事でこれからは自分達で色々としていかなければいけないんだなという自覚も出てくると思います。
2人で一緒に考えて話し合って、こういう諸問題も乗り越えていく事が大切だと思います。

 

関連記事一覧